TRICERATOPS
"LICKS&ROCKS TOUR"

3月のバインのライブに行けなかったので、ライブはすごい久々でした。
その前のスネオのライブは不完全燃焼だったし。
ここ2ヶ月程、細かく挙げればキリがないくらい悪いこと続きで、
トラライブでこの低運気を払拭できる筈!!と思っていたのですが…

ってゆーか今回のレポすごい長いっすよ!!



※この辺は、ライブ始まる前のrapuの私的行動日記なんで、 読み飛ばし可。

前の日、シア嬢がウチに泊まりに来て、飲んだりしてまして。
10時に起き、ゴハンを食べ、12時にシア嬢は帰って、
あたしはそれから犬神家のビデオを見ながら昼寝をして、
4時半のバスにのるべく家を出た。しかし、最近バス会社が統合されたりして
バスの停留所が変わったらしく、目的のバスに乗れなかったので急遽地下鉄で行く事に。
日中は結構暖かかったのに、夕方になると寒くて寒くて。
会場について、後ろの方の人は外に並ばされるのだけど、特にあたしは列の1番前だったので
人影で風もしのげずすっかり冷え切ってしまいました。
中に入ってもなかなか温まらなくてさー。
ロッカーが混んでたから、荷物(肩掛けバッグ)ロッカーに入れるの面倒くさくなって
「まー誰も見てないからダサくてもいいか」と思い首にかけてました(笑)。
会場にいる筈の智子さん達を探しながら開演を待ってた。



久々にメンバーを見て、早くも「ヤヴァイ!!」と思いました。
あぁぁぁぁぁぁぁぁ唱!!!!カッコかわいいぁぁぁぁぁぁ!!!!
あんなカッコかわいい28歳がどこにいますか!!(笑)
世界地図のTシャツも素敵です(笑)
はやっしーはなんだか…太ったってゆーか、ちょっとガッシリしてきた…?
なんとなく肩の辺りとかが、そんな気がしたです。
佳史兄さん、見えません!!(爆)あたしの前にデカイ人が二人もいて、
唱見るのもやっとで。はやっしーが一番見やすかった。

<MC>
今回は内容上、MC先に書きまーす。
相変わらずMC盛りだくさん。

まず、「寒い」。
そしてメンバーが到着したライブ前日、雪が降ってたという話に。
はやっしーは空港着いた時半袖だったそうで、かなり寒かったみたいです(笑)
唱は「俺ダウン着てきて良かったー」て言ってたけど。皆寒さに弱そうだもんねえ…。
続いてメンバー紹介も含め、ジンギスカンの話。
はやっしーはかなりジンギスカン好きらしくて、東京でも新宿2丁目の店によく行くとか(笑)。
本人曰く「ラム・クレイジー」(爆笑)。 勿論札幌は本場なので、「ダ●マ屋」という有名店に行って来たんだそうです。
んで、「北海道の人って花見とかでジンギスカンパーティやるんでしょ?」ハイやります。
「鍋パーティやろーよーみたいな感覚で”ジンパ”やるんでしょ?」え?

ジンパ?

ジンギスカンパーティーの略みたいですけど、そんな単語は初めて聞きました(笑)。
周りのお客さんも「へー」とか行ってたし、いっときますけど林さん。
北海道でそんな単語は普及してません。
まぁこれからはトラファンの間で普及するかも知れないけど(笑)。
続いて佳史。しかし相変わらずジンギスカントークで、ジンギスカンは「ラム」ではなく「マトン」
だと言ってました。それは知らなかった。(ウチあんま食べないしなぁ。)
唱と佳史は羊がダメだったらしくて、デビュー当時、ライブが終わって腹ペコで
晩御飯、今日しゃぶしゃぶだって、やったぜ!!って行ったらラムしゃぶで、
肉どころか鍋に入ってるモヤシも(匂いが移って)食べれなくて、結局ゴハンと漬け物だけの
精進料理みたいな食事になってショゲた経験があるそうで。
でも佳史が札幌で食べたジンギスカンは「全くクセがないのよ!」と感激してました(笑)。
あぁあと、佳史がオカマだという話にも(笑)。
「あぁー」と言った客に佳史がツッコミを入れるという一面もありました(笑)。
結局佳史が「みんな、そんな…ジンギスカンよりも熱く!!」って締めた事に対して
「今のはちょっと無理矢理だったね」「ダメ出しされちゃった(笑)」というはやっしーと
佳史のやりとりがあったりして。

次のMCでは、和田的トライセラ論。
まずリフの話からね(笑)。「こういう(演奏)一つのフレーズを繰り返して弾く技法を何て言うか知ってる?」
で、客が「リフー!!」と叫んだことに対して、「札幌の皆スゴイよ!!」と唱は本気で言ってましたが
前回のライブではもっと熱いリフ講座もやってたし、雑誌やラジオでもいいまくってるし今更、ねえ(笑)。
リフの曲の特徴は「踊れる」ということは今回学習しました(笑)。
確かに、今の日本のバンドってロックやってる人自体少ないし、その中でリフを取り入れてる人なんて
(あたしの知ってる範囲では)トラ以外にいない。やっぱりそんなトラの曲は一番踊りやすいし、
ポップで新鮮な感じがすると思う。リフのリズムと音が体に染み込んでくる、その感覚がすごく好きだし。

「つっぱって良かった」
和田唱が言った。
唱は好きなものと嫌いなものの差が昔は(今でも)すごく激しくて、
好きなことに関しては人1倍調べ尽くすし、詳しくなっちゃうんだけど
興味ないことにはホントに全くない。何きいても耳を通り抜けてく人で、
学校の勉強に関してもそうだったらしい。
なんでもソツなくこなし、平均点をとれる、学級委員みたいな優等生が嫌いで
先生に呼び出されたりもしてたらしい(笑)。
でも、周りにどう言われようとやっぱり好きな事をやり抜いたからこそ
今こうやって3人で舞台に立ててるワケだし、良かったって思ってる。って。
今の日本で俺達みたいなロックバンドは流行らないんじゃないかってすごく悩んだ時期もあるという。
(多分、2020が出る前あたりだろうなと思う)
でもやっぱり自分の好きなものは好き、って。やり通して良かった、って言ってた。
そう思った時、ロックは自分にとってすごく大切なものだと思ったらしい。
デビュー当時は「和田さんにとってロックとは何ですか」って聞かれてもわかんなかったらしいけど
今では一番大切なものだって、はっきりそう言えるんだね。

その姿勢がすごくカッコいいと思った。

ただ、言いたいことをまとめる時にドモりまくって「ちょちょちょもう1回言わして」
って言い直してたのがどうかと思ったけど(笑)。カワイイ…。

ギターとベースとドラムという、いたってシンプルな編成で無限のロックを作り出す。
唱が言ってたけど、今の時代機械とかに頼る人が多いけど、俺らはそんなのなくたって演奏できるんだって。
TRICERAはいつまでも、いつまでもそうであってほしいと思った。
大事なのは、ただ「好き」という気持ちと、それをやり抜くこと。
論理なんか抜きで。自分に素直にあることだと思った。

「例えば、流行りの服を着てればリスクを背負わずに済むけれど、俺はそういうのがすごく嫌で」。

そういうのがすごくイイと思うよ。

<曲>

なんと今回は!!イキナリアコギで登場?!しかも椅子に座ってるし、
はやっしーは手ぶらで腕組みして座ってるし…えぇぇ??

@1000LOVE
え、アコギでこの曲?!ビックリしたけどアレンジがすごい良い!!
佳史は右手でドラム、左手でマラカス…?なんかシェーカーみたいなヤツ。を、すごい楽しそうにプレイしてた。
途中からはやっしーもアコギを構えて、ライブというよりすごい豪華なセッションを観た感じ。
はやっしーがアコギ弾いてるのって初めて観たかも!!相変わらず指がせくすぃ…(笑)

ACouple Days
まっさかこう来るとは!!♪久しぶり〜のcall〜…
うっわ〜、スゴイよ。ホント。アコギテイストがすごい合ってる!!
早くも嬉しすぎの限界を超えて、満面の笑みで唄ってしまいました(笑)
なんというかすごい…思考停止するほど嬉しい気持ちに(笑)。

BFLY AWAY
マージーでーすーかー!!!!もう!!!ヤバイんですって!!
こんな曲アコギでやられたら素敵すぎてたまんない。
改めて、歌詞が心に染みる部分もあったりして…。
今、どうしたら良いかわからない状況の私に、「大丈夫だよ」って言ってくれたような気がした。

Cアイ・ラブ・エスカレーター
うぉー、この曲ライブで聴くの初めてですよ?!
今回選曲コアだなー(笑)。 ふと目を上げたら、すごい楽しそうに唄ってる唱がヤケに印象的でした。
今でも目にやきついてる。赤いライトの中、音楽が大好きでたまらない笑顔。
この曲ね、終わり方がすごいカッコ良かったの!!皆ピッタリ終わって、こう…
「ジャカジャカジャンッ♪」ってスパッと終わって…そしてその時の唱のポーズが…!!
頭が右下向いてて、体も右むいてるんだけど、ピックを持った左手だけ左下に伸びてる状態。
そ、想像できますか?!とにかくカッコ良かった!!

D何気ないSUNDAY
ここでアルバムに戻り。
相変わらずアコギが続きます。ハモりがスゴイ綺麗だったー…。

ギターをエレキに持ち替え、照明がカッ!!と明るくなって
「うぉーロックだっ!!きたっ!!なんだー?!」と思ってたら
EGOING TO THE MOON!!
もーーーーーーーーー楽しすぎるって!!!ホントにもう!!
会場一体になってジャンプ!!ジャンプ!!ダンス!!ダンス!!(笑)
多分皆も嬉しくて楽しくてしょうがなかったんだと思う。
実際私も、GOINGの時の記憶は「ただこれ以上ないくらい楽しかった」ことしかない。
踊り足りないくらい。思い出すだけで、楽しすぎてゾクゾクしてくる!!

FFALL AGAIN
も〜〜〜〜〜〜〜〜〜嬉しさ続行!!
昔はこの曲聴いて切なくなってましたが、今は切ないというより嬉しくて。
懐かしさもあって、意外性もあって、とにかく3人がすごく素敵で(笑)、
「ありがとう!!」って感じでした。

GGROOVE WALK
もぉぉぉぉぉぉぉぉぉテンション絶好調ダンシン最高潮!!みたいな!!(笑)
勿論一緒に大合唱!!♪YeahYeah〜YeahYeah〜…!!
♪すると〜本当〜の〜幸せは君がここに〜…”Hey!”のトコでジャンプするのなんかなんかもう
大大大大大っっっっ好きです!!(笑)あ、あと
♪踊り〜たいのさ〜ぁぁ〜〜色鮮やかな世界から〜、誘うのは〜ぁぁぁ〜MY GIRL!
のトコでより高く飛び跳ねるのも好き(笑)
ホントこの曲は踊りがいあっていいわぁ〜〜、ってかすごい楽しく踊れるのっ♪
CDよりライブ向けですね。思い出すだけでテンション上がるよ!!ヤベー!!!

HTATTOO
うわぁぁぁぁぁぁぁいまた踊れる曲きましたね?!
GROOVEで最高潮に達したテンションはそう簡単にはおさまりません(笑)。
この曲のリフがすっごい好きで!!♪ラッドレッレミッレ〜ミ〜レ〜っていう(笑)。
後ろの人が「BABY」とか「MABY」とかの歌詞のトコで叫んでましたが、
その気持ちすごいよくわかるよ!!現に私も最初っから一緒に唄ってたし!!
ジャンプするのが気持ちよくて、唄えることが楽しくて、笑いっぱなし。

ISPECIAL K
曲名合ってるんでしょうか(爆)。
この曲の前にMC挟んで、「次はすごい古い、俺らが出会ったばっかぐらいの頃の曲やるよ」
っていうんで何だろう〜と思ってまして。
あたしそんな古いリスナーじゃないんで、古い曲はまだわからないのもあって不安だったんだけど;;
なんかすごいカワイイ感じの曲で、「うわ〜トラ初期っぽい!!」とか思いながら踊ってました(笑)
しっかし、3人が出会った頃っていったら、はやっしーが今のあたしぐらいの年の頃だよね。。。
う〜ん歳とったなぁ(苦笑)

JKISS ME BABY
んんんんんなんっっっっっって懐かしい曲をやるんですかアナタ達は!!
勿論この曲もライブで聴くの初めて。
だってKISS ME BABYだよ?!マスカラ&マスカラス時代だよ?!(笑)
すっごい久しぶりに聴いたんで(しかもライブで)、興奮しちまいました!!
だってこんなレアな曲聴けると思ってなかったよ!!(笑)

KGOTHIC RING
どぉぉぉぉぉぉぉぉぉしましょ!!これもライブで聴くの初めて。
つーか今回のセットリスト、ヤバすぎるって絶対!!
そりゃ興奮もするさ!!思わず口ずさんでしまうさ!!唱ちゃん見つめちゃうさ!!(笑)
こ〜来るとは思ってなかった…正に不意をつかれました。
家帰ってCD聴こうと思いました(笑)

LJOHNNY DEPP
やっと冷静さを取り戻してくれた1曲(笑)。
「別に偉かないけど それなりに生きてきたんだよな」
う〜ん…
「また転んだりしながら とりあえず生きていこうか」
いつもならこういう曲はウットリ聴いてるだけなのだけど、
今回は「このライブで今まで嫌な事続きだったのを全部忘れよう」と思ってたので
この曲で、瞬間的に「うん、なんかふっきれるかも」と思いました。
それなりに、ね。無駄に生きてるって考えるのなんてやめよう、と。

MMECHANICAL FRIEND
この曲も大好きぃ〜〜〜〜〜〜〜!!!!唄いました♪段々テンションが…↑↑↑
♪ねえ店長、聞かせてよ〜!!…これをバイン風にすると♪ねえマスター、聞かしてよ
…だと思ってる。絶対(笑)。

N赤いゴーカート
はーーーーーーいここでテンション↑↑↑↑↑↑!!!!!!!
会場大合唱!!サビのトコなんて唱もノリノリ(笑)で、プレイ大爆発で、
客に唄わせちゃってました(笑)。
ゴーカートに乗って風切って走ってるみたいに、会場全体がすっごい開放感と疾走感で
やっぱり楽しくて楽しくてしょうがないよもう!!あー今でも顔がニヤける!!

OFEVER
まさに熱!!熱気!!FEVER!!
あ〜ホント思い出しちゃう!!ヤっバイ!!大好きな曲の連続で勘弁して、下さい!!(笑)
このまま踊り続けたら壊れて死んでしまいそうなくらい踊り続けてました。
だっても〜〜ホントに体が止まらなくってさ!!

PROCK MUSIC
(唱)「talking about〜?!」(客)「ROCK MUSIC!!」
の掛け合いを何度か続け、盛りあがりまくって体がパンクしそうになり、この曲!!
もちろん全員大合唱!!曲中の掛け合いも大サービスv
この掛け合い、楽しすぎてどうしようかと思ったよ!!一生やってたいくらい!!(笑)
んで、曲終わるかと思ったらなかなか終わらず、ギターアレンジでうまくつながって
違う曲をやってくれた。あ〜〜〜も〜〜〜楽しすぎるよ!!
ってかホントにギターテクがすごいですよ。今更言うまでもないけど。
息ピッタリだし、プロってのはこーゆーのを言うんだぜインディーズの若僧ぉ!!(笑)
Q彼女のシニヨン
♪あらわれった〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!
はーもー…声が死ぬまで合唱させて下さい!!って感じでした(笑)
コレもすっごい久しぶりに聴いたー!!なんで今回こんなに激しく楽しいんだろう?!
やっぱりTRICERA最高だーーーーー!!!!!とか思いながら(笑)

ここで第1幕終了…でしたよね?あれ、記憶が曖昧…?(汗)
まぁいいや。とりあえずここで終了にしとこう(爆)。
アンコールに出て来るまでの時間は今回結構短かったです。

RIf
今回のライブに来て良かったと、一番強く思ったのはこの瞬間でした。
TRICERAの引力に一番惹き付けられたのもこの瞬間だったと思う。
何故かよくわからないけど、もう、頭がいっぱいいっぱいで。
丁度、号泣する直前みたいに。

S夜のストレンジャー
イントロ聴いた瞬間に、Ifの頭いっぱいいっぱい状態から、あー…なんか安らげるなぁ…と、思っていたら。
なんか急に気持ち悪くなってきて……。首にバッグさげてたから、苦しいだけかなと思って
ましたが、なんかステージの唱の前に黒い影が走って、耳も遠くなってきて、ふわぁっとして…

「あ、ヤバイ」

と思ってしゃがみ込んでしまいました。
意識はあるんだけど、目の前が真っ黒で何も見えない。何も聞こえない。気持ち悪い。
なんとなく気付いたら、スタッフの人にお姫様だっこ(笑)で運ばれてる途中でした。
(後から思えば、私を抱えて階段登るのしんどかったろうなぁ…と。)
なんとなく視界が晴れてきて、ロビーに椅子並べて寝かせてくれて。
スタッフの人が濡れタオルとかビニール袋とかお水とかテキパキと用意して下さいました。
息苦しかったけど、タオルのっけられて割とすぐ意識がハッキリしてきて、
…こんな時でも人間はなんてゆーのか、首にかけてるでっかいバッグが恥ずかしくなるもんなんですね(苦笑)。
起き上がってバッグとって、で、まだ氷をおでこと後頭部にあててくれまして…
まだ息の上がってる私をずっと「大丈夫、大丈夫」と慰めてくれました(涙)。
その人は「寒くなったらすぐコイツ(私の隣に立ってたバイトっぽい兄ちゃん)に言って下さいね」と
言い残してすぐ会場の様子見に戻ったんだけど、他のスタッフの方が声かけてくれたり
色々と気を遣っていただいて…うぁぁぁぁぁ、、、す、すみません……;;
椅子に座って、遠くに聞こえる「ロケットに乗って」をぼんやり聴いてました。
すごい虚しくなった。大好きな曲なのに…踊りたかった…とか思ったり、
最後にステージでどんな盛り上がりになってるんだろう、とか思ったりするのが。
そしてスタッフの方に迷惑かけて、ホント何やってるんだろう…と。


ライブが終わったらしく、お客さんが出てきてロビーやグッズ売り場は混雑。
智子さん・マキさん・ふかづめさんが来てて、しかも智子さんは誕生日だったから
プレゼント渡さなきゃ、外出なきゃ。と思ったけど、人がすごくて、それをおしのけてまで
外に出れる気力が無かったので、壁によりかかってボーッとしてました。
人がいなくなってから、ドリンク交換してグッズ買って…。
最後に私を運んで世話してくれたスタッフの人にお礼言おうと思ったけど、
顔見えなかったし、なんか茶色っぽいTシャツ着た細い人だったと思うんだけど
そんなスタッフいっぱいいるしーーー!!!何より皆忙しそうだったので
誰にもちゃんとお礼も謝罪もできないまま出てきてしまいました…。
結局智子さん・マキさん・ふかづめさんにも会えずじまいだった…。私ってアホ…。
姉が車で迎えに来てくれ、迷いながらも(つーか逆走:笑)帰りました。

もう、なんなんだろう。

すごい良いライブだった筈なのに。
今まであった嫌なことなんか全部忘れてしまえそうなくらい楽しくて、嬉しくて、
完全に立ち直れるって思ったのに。
なんで最後の最後にこーなんの?
(後から思えば、その日はゴハン1食しか食べてなかったので体力なかったのと、
 興奮しすぎゆえの酸欠だったかもしれない)

すごい久しぶりの、TRICERAのライブ。
最高の思い出になるはずだった。これでまた頑張ろうって、思えるはずだった。
なんかもう悔しくて。
最後まで、大好きな曲で、唄って踊って楽しんでいたかったのに。
ライブも満足に楽しめなくて、沢山の人に迷惑かけて、ホント何やってるの?
情けなさすぎ。
今回のパンフ、すごい豪華で買おうって思ってたけど、買っちゃうと、後でパンフ見る度に
このこと思い出しちゃいそうだからやめた。
ライブ自体を忘れたいワケじゃない。楽しかった思い出は勿論強く残ってるし。
でもライブのこと思い出すと絶対一緒に倒れたこと思い出しちゃうから、、、どうすればいいんでしょう。

倒れる直前までは、今までで一番良いくらい最高のライブだっただけに、

苦い。



ただ、ライブを見る度に「やっぱりこの人たちが一番好きだ」って
そう確認できる気持ちは変わらない。それだけは覚えておこう。



翌日雑誌の占い見たら、丁度今私の運勢はドン底に悪い時期だと書いてありました。



Back to →TOP

Back to→REPORT FILM TOP

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー