KING OF THE JUNGLE

4th.ALUBUMについての感想と紹介ぃぃ〜〜。
今までのトラとは違う要素がいっぱいあっておもしろいッス★

1.KING OF THE JUNGLE
見ての通り、タイトルトラックの曲です★
イントロの「YEAH―――――!!!!」っていう和田唱の叫び声が印象的。
鳥や虫やトラの声なんかも入ってて、ホントのジャングルみたいでおもしろい♪
曲もインパクトあってグー!!結構激しいけど、ノリやすい曲だと思うのでライブでは要チェキラ!!
ちなみにPVは、SHORT FILMVの方に入ってますな。うひょひょ。
セクシー和田唱と、世界一幸運なリンゴ女が拝めますぞい(笑)。

♪今夜その体もみんな この僕にあずけてくれよ そんな服を取り払った 僕らが微笑み合えれば


2.Silly Scandals
おなじみ、資生堂「ff」のCMテーマソング。
スピード感あふれるロックで、なんか色濃い感じが(笑)。
ちょっと機械的っぽいトコロも好き。でもちょっと聞きすぎて、飽きてきた(笑)。

♪街中に僕らのスキャンダルが あふれて欲しいのさ 夜が明ける前に君が欲しいぜ


3.摩天楼
乾いたギターの音と共に、ひしひしと始まるこの曲。かなり好きです(笑)。
今までのトラっていえば、恋愛に限らず前向きな歌詞のものが多かったけど、この曲はちょっと違う。
街中で一人佇みつつ、ちょっとした不安感を抱いてるような、そんな感じ。
自分の本当の願いや目標は、まだまだ手の届かない高い所にあるんだろう・・・。そんな曲です。

♪そびえ建つ摩天楼が 僕を凍らせるのさ そして不安が 持っていた勇気を曇らせるのさ


4.エメラルド
もうっ、切ない!!泣けるね!!この曲ぅぅ!!ホンット泣ける!!
今までにもifとかFallとか、ちょっと切なめの曲ってのはあったけど、こんなマイナー調で
しっとりした曲は初めて!!メロディーにしてもそうだけど、歌詞にも深みがあって素晴らしいっ!!
中間部のハモりが綺麗なのもすごい好きです★

♪輝いているんだよ 笑顔も涙も 全ては時計の針が止まったままで 君はエメラルド


5.Hotter Than Fire
和田唱イエー節、大・炸・裂ぅっ!!(笑)
エメラルドの後にしては随分ギャップが激しいような気もするけど、それもインパクト効果?
でもロックなんだけど、煩すぎずメロディアスな所もあって聞きやすい。
・・・・でも正直な話、どこからサビなのかよくわかんなかったり(笑)。

♪Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah Yeah Hey!


6.Fall Again
えー、この曲についてはこちらをご覧くださいませ(笑)。
という半冗談はさておき。この曲も随分聞きこんで一時飽きてきてたけど(笑)、なんかこうして
アルバムの中で聞くとまた一味違って、やっぱつくづく「いい曲だ」と思ってしまう。
シングルで聞くと切ない曲に聞こえるけど、アルバムで聞くと爽やかに聞こえマス(笑)。
ライブではどんな風に演奏してくれるか、楽しみ!!

♪僕らはまた落ちるだろう 愛という名の深海へと そこで笑顔を取り戻せるさ


7.Rain
好きっっ!!(笑)もう、大好きっっ!!この曲ぅ!!!
メロディーの、甘すぎない辛過ぎない感じとか、歌詞の、ストレートな未来への視線とか、
あとリズム感とか、ハモりの入り方とか、兎に角全部が好き!!
天気を主とした歌詞ってトラじゃめずらしいので、新鮮です★毎朝聞いてます(笑)。

♪Oh Yeah 雨が僕に降りつける Alright でも気分は悪くないぜ


8.Listen
出た〜〜〜っっ!!(笑)作詞作曲ボーカル、全てが林幸治による、初の楽曲!!
いっつも喋る時はなんかもそもそしてるけど(笑)、歌声はすごくストレートで、尚且つ甘い!!
この歌声にノックアウトされた幸治ファンも多い筈。ちなみにあたしは、唱ファンだけどヤられました(笑)。
曲も意外にポップ(?)でギターの音も新鮮な感じ。歌詞も前向きでめっちゃいい!!

♪汚せない自慢の服を着て 暖かい泥に飛びこもう


9.Touch Me
幸治の新鮮な歌声に続き、唱の激甘なこの裏声!!コレ一体誰のアルバム?!(笑)
邦楽にしては珍しいとのことで、洋楽を全く聞かないあたしにしたらファルセットを聞くのは初めての試み。
最初はなんかちょっと恥ずかしかったけど(笑)、聞けば聞くほどにハマっちまいました。
メロディーもトラにしては初めての感じなんじゃないのかな?アコギテイストで柔らかい。
こんな優しい曲も作れるなんて、トラって、和田唱って、多才だのぉ。尊敬。

♪この瞬間を君と分け合えれば嬉しいんだよ そして またはしゃぐ為に ほら僕に触れて


10.万華鏡へ
うーむ、これは今までのトラの原型を保っている曲というか。
サビでは、これまた見事に半音使いっぷりを発揮していますな(笑)。
万華鏡ってイメージはあんまわかないような気もするんだけど・・・・。
イメージがどうのこうのよりも、「曲」としてはヨイ感じ。

♪抱きしめてくれよ 空が万華鏡の様に回り出すから それが永遠にとまらないように 君を離しはしない


11.Groove Walk
ご存知、ファンク中毒になっちまいそうなこの曲(笑)。
なんかすごい楽しめる感じってゆうか、楽しんでる感じってゆうか。
PVの通りギラギラな(笑)。歌詞中の「今 部屋の中はパーティー」っていうのがマッチ★

♪踊りたいのさ 色鮮やかな世界から誘うのは My Girl その歩き方に夢中だから


12.New World
カントリーなイントロで始まる最後のこの曲は、まるで70〜80年代のロックのよう。
淡々としたリズムにのっかった淡々としたボーカルの味がまた素敵(笑)。
前のアルバムの最後は「UNIVERSE」で、壮大な、落ち着いた感じで終わったけど、
今回はまだこれで終わりじゃない、続きがあるよっていうような締めくくり。
歌詞からも、次の世界へ旅立とう・・・そこで僕は待ってるよ。ってのがよく読み取れる。
成る程、こういう終わり方ってのもアリかもしんない。

♪新しい世界へ僕は 今こそ飛んで行くのさ 一体そこに何が待ち構えてんのか 知りたくてしょうがないのさ


going to→ DISC FILM TOP

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー