言葉の果てに雨が降る

「ヘルマン」という名前は、ベロニカ氏のHPでよく目にしていたので、
どんな曲をやるバンドか気になって、聴きもせずに買ってみたもの(笑)。
(↑メンバー編成すら知らなかった:笑)
マイナー調で、同じようなフレーズが淡々と続く曲だけど、何故かインパクト度が高い。
そして盛り上がりには欠けるけど、そこがかえってこの曲には合ってる感じ。
ボーカル、岡本氏の力強いその歌声はなんだか少し哀しくも聞こえます。
つか、なによりこのバンドは歌詞が素敵っ!!
じわじわと染み入る歌詞っす。そしてメロディーとかなりまっちんぐ。
凹んでるわけでも、前に進んでるわけでもないこの歌詞を見ると、
曖昧な自分の立ち位置を改めて実感させられます。

♪瞳は空を吸い込んで 涙の色は水色に あなたはまた同じ場所で 空を見上げ 言葉はない

CW<One,Two,Three,Four>はもうスンゲー好きな曲ッッ!!
最初はスモークの掛かったようなドロ〜ンと沈んだ感じで始まるんだけど、
「Let's go!!」の掛け声と共に、ノリの良いリズム感に一遍する辺りが好き。
メンバー達が楽しげに歌ってるのに加え、独特なリズムと、キーボードが何回も繰り返す
フレーズが妙に耳に残ります。全部英詩なんだけど、覚え易そう。
そしてやっぱり日本語訳もあたしのツボ刺激★
少しの前向きさと、明るさ、そして陽気さが良いです(笑)。

♪one two three four! happier than happieness


going to→DISC FILM TOP

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー