ハルジオン

前作「天体観測」から久々の登場、今度はどんな曲を聴かせてくれるのかと
期待してたけど、やっぱりその期待は裏切られることは無かったなぁと。
「ハルジオン」って題名から察するに、すごい爽やかな感じかなと思ってたけど、
相変わらず力強くて歯切れの悪い(←笑)、独特なメロディー。
突き刺すような疾走感と、背中をぐいぐいと押されているような支え感。
んでもって、やっぱ歌詞は素敵だし(T▽T)
上手く書けないけど、ダイヤモンドみたいに、過去を振り返りつつ前向きに歩いていく
ような感じです。バンプっぽさを失わない曲になっていると想う。

♪生きてく意味を失くした時 自分の価値を忘れた時 ほら見える 揺れる白い花

CWは<彼女と星の椅子>。
バンプ得意の、ストーリー性のある歌詞で、読んでるだけでも面白い♪
内容的には、スターになりたい彼女が、なれずに椅子に座ってTVを見てる、という。
藤原の歌い方がまるで叫んでるみたいなので、歌詞とマッチしててなんだか・・・
ちょっと悲しさ?とか切なさが込上げてきたりもする(笑)。
「星の椅子」ってタイトルも好きだなぁ。

♪散々人に当たったって 自分が惨めになるだけさ こんな損なことはないよ?


going to→DISC FILM TOP

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー